コスパ良し!要チェックの"ペーパー素材"とは

 
こんにちは、SHIMADAです。弊社ブログをご覧いただきありがとうございます。
 
 
 
本日は素材に関するお話です。今回は帽子やバッグなどに使える、"ペーパー素材"をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
注目の"ペーパー素材"!その特徴は?

 
 
 
ペーパー素材とはその名のとおり、”紙”を原料にして作られた素材のことです。品質表示には、「分類外繊維」と表記されます。
 
軽くて丈夫、そして何より安価なことから近年、帽子にバッグに服にと様々なアイテムに使用されています。
 
 
皆さま、”紙”と聞くとどんなものを思い浮かべますか?手でビリッとやぶけてしまうイメージがあり、やはりどうしても強度の面が心配ですね。
 
ペーパー素材の原料となる紙は、和紙に近いです。この和紙のようなものを細く切り、撚って糸状にしていきます。
 
撚りを加えることでぐっと密度が高くなり、服飾アイテムにも使用できる強度を確保することができるのです。
 
 
 
また、ペーパー素材は紙ということもあり、染色しやすいという点が特徴として挙げられます。天然素材では難しい、豊富な色展開や美しい発色が可能です。
 
 
 
そんなペーパー素材の使い方はというと、天然素材と同じような表現が可能です。糸・紐状のものをかぎ編みにしたり、ブレード状にして使用します。
 
ペーパーブレードの作り方は以前、中国ブレード工場の記事でご紹介しております。ぜひチェックしてくださいね。
 
 
 
 
まるでパナマ?!"ペーパーパナマ"は要チェック!

 
 
ペーパー素材の中には、天然草の中で最高級品に位置するパナマの風合いを紙で表現した、”ペーパーパナマ”がございます。
 
パナマの美しくなめらかな質感と、天然草特有のナチュラルな色合いが、ペーパーで見事に表現されています。
 
ペーパーパナマは上品な高級感を確保しながらも、本物のパナマに比べぐっと価格が抑えられるのが特徴です。パナマ素材については過去のブログで詳しく触れていますので、参考にしてくださいませ。
 
 
 
 
オリジナルの帽子を製作するときに、まず考えなければならない要素のひとつが「素材」です。天然素材、ペーパー素材、それぞれにそれぞれの良さがあります。
 
天然素材の良さは何と言っても本物の高級感。ペーパー素材の良さはアイテムをより購入しやすい価格で提供することができ、天然草では難しい鮮やかな色の表現が可能です。
 
 
ブランドのターゲットやコンセプト、製作するアイテムに合わせた素材選びが大切です。
 
SHIMADAではご希望の予算や表現に合わせた、最適な素材をご提案致します。ぜひお気軽にご相談くださいませ。
 
 
 
弊社との新規OEM・ODM契約はお気軽にお問い合わせください

 
弊社では、帽子のOEM(設計)からODM(製品開発)までご依頼を承っています。弊社の職人(クリエイター)によるメイドインジャパンの帽子・衣類によって、魅力的なものづくりをご提供します。
 
弊社とのお取引をご検討されている場合は、ぜひご相談ください。製品のイメージをお聞きし、デザインを膨らませていきます。その過程で素材などのご提案も可能です。
 
既存ブランドの新規作製案件はもちろん、新しくブランド設立をお考えの方や、個人的にハンドメイドの製品をご希望の方へも、1点からの作製にも対応しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
 
株式会社島田
TEL 0875-52-3783
 
本社工場 〒769-1603 香川県観音寺市豊浜町和田乙1876-1
東京工場 〒132-0021 東京都江戸川区中央3-22-7 橋本金属第28工場2-J
大阪工場 〒547-0048 大阪府大阪市平野区平野馬場1-7-22
岡山工場 〒710-0251 岡山県倉敷市玉島長尾379-2
 
帽子OEM/ODMお見積り・お問合せはこちら
これまでのOEM/ODM参考事例はこちら
 
 

オリジナル帽子のODM・OEM専門サイト

オリジナル帽子のODM・OEM専門サイト

Produced by SHIMADA

tel:0875523783

お見積り・ご相談